人間ドックをはじめてご利用の方へ

1.人間ドックの必要性

人間ドックは、病気を早期に発見し、早期に治療することを目的としています。
がんや心筋梗塞、脳卒中などの病気の治療法も進化しており、早期に発見し治療することで、重症化を防ぐことができます。そこで、人間ドックで健康チェックを行い、ご自身の日頃の健康状態を把握しておくことが重要です。
この機会に、健康チェックを受けてみることをお勧めします。

2.人間ドックとは?

人間ドックは、昭和29年(1954年)にはじめて実施されました。
船の修理・検査用施設の"dock"にちなみ、「船と同じく、人間の身体も精密検査が必要」とのイメージから、メディアで使用されたのをきっかけに定着した呼称といわれています。

人間ドックは、健康診断よりは検査項目もかなり多く、自分の調べたい項目を選択して検査できるため、自分がより詳しく知りたいと思う部位について、自分にあった内容のコース(一日ドック、二日ドック)、オプション(胸部CT、ラングビジョン(肺気腫検査)頸動脈超音波、子宮頚部細胞診、マンモグラフィ等)を選び詳細な検査を行うことができます。また、人間ドック受診当日その検査データをもとに医師による検査結果の説明を行い、必要な方には保健師、看護師、管理栄養士が再検査及び精密検査のご案内や日常生活におけるアドバイスを行います。

3.人間ドックの種類

当健診部では大きく分けて2種類の人間ドックをご用意しております。

人間ドックの種類

豊富なオプション検査もあるため、ご自身にあったコースをお選びいただけます。
人間ドックのコースやオプション検査で迷っておられる方には、看護師・保健師が対応しています。
最新の医療機器と検査項目により、質の高い医療を提供します。
受診当日に、医師が検査結果の説明を行い、専門職(保健師・看護師・管理栄養士)による生活習慣改善のための健康支援サービスを行っています。
検査結果へのご質問やご相談には、専門職(保健師・看護師)が対応しています。
当健診部は外来と連携をとり、再検査や精密検査ができる体制を整えていますが、お客様のご希望の医療機関へもご紹介いたします。緊急を要する場合は地域医療連携により、専門医療機関への予約体制を整備しております。
継続的な健康づくりのため、外来診療や特定保健指導・栄養指導によるフォロー体制も充実しています。

お客様の視点で満足度を追求

健診機関として、最新の医療機器、検査項目を導入し質の高い医療の提供を目指しています。また、お客様からいただいた声をもとに医療の質向上や設備の改善・職員教育に努めています。

精度管理を重視しています!

健診やドックでは、疾病の早期発見のために、徹底した精度管理(検査の質の維持・向上)が重要です。
当健診部では、検査ごとの外部精度管理調査へ参加し、管理を行うとともに、画像診断はガイドラインを遵守した二重読影(二人の専門医師によるチェック体制)を徹底し、職員の技術の向上や学会への積極的参加と資格認定の取得を行っています。

豊富なオプション検査でお一人おひとりに最適な人間ドックを

お一人おひとりのご要望・既往歴などを考慮し、最適な人間ドックを受診していただけるよう看護師・保健師がご相談に応じています。

快適な受診環境、安心な食材を活かした食事

1泊2日人間ドック受診者の方はマッサージチェア(無料)など、空き時間にご利用いただけます。
日帰り人間ドック、1泊2日人間ドック受診の方には地産地消・旬の食材を活かしたからだにやさしいお食事をご用意しています。

4.人間ドックの流れ

人間ドックの流れ

1日人間ドックは14:00~15:00頃終了します。2日人間ドックは二日目昼食後終了となります。
(但し、オプション検査によっては、時間を要する場合があります)

5.人間ドック受診時の注意事項

ドック前日 ドック当日
食事 21時以降は絶飲食です。
アルコールは飲まないでください。
絶飲食です
食べ物、飲み物全て、ガム、タバコなども摂らないでください。
水:うがい程度にしておいてください。
お薬 夕食後・寝る前:常用薬がある方は、通常通り服用してください 朝:常用薬がある方は朝のお薬は午前6時までにコップ半分位の水で服用してください。
※但し、糖尿病や胃薬の服用はしないでください。
その他 ICD(植え込み型除細動器)、ペースメーカーが体内に挿入されている方は一部受けられない検査がありますので申し込みの際にご相談下さい。
体調が悪い方(風邪、胃腸炎、ご家族がインフルエンザにかかっている等)は健診を受診できない事があります。
体調が悪い時は検査結果が変わってきます。隠れている病気を見落としてしまう可能性があります。
体調を整えて、確実な健診を受けるようにしてください。
女性の方 生理中の場合、便検査、尿検査は正常な検査結果を得られないことがあるため、後日提出をお願いしています。
妊娠中・妊娠の可能性がある場合は、お断りしています。
出産後6ヶ月間はお断りしています。

人間ドックを受けるにあたって、事前・当日の確認事項がありますので、ご確認ください。

6.人間ドック受診後のフォロー体制

人間ドックの結果により、精密検査や再検査を指摘があった場合、お客様のご要望をふまえ、医療機関をご紹介する体制を整えています。

また、生活習慣改善のためのプログラムも充実しています。

再検査・精密検査
外来診療
精密検査や再検査は指示された時期に受けましょう。
当院外来でも可能な検査があります。
医療連携 緊急を要する場合は地域医療連携により、専門医療機関への予約体制を整備しています。

人間ドックをお受けになる方へ

当日の確認事項

■検査当日です。体調はいかがですか?

当日体調が悪い方は事前にご連絡下さい。
 なお、当日の健康状態および検査結果によっては実施できない検査もありますのでご了承ください。

■朝の準備はできましたか?

高血圧、心疾患のお薬は朝6:00までにコップ半分位のお水で服用してください。
(但し、糖尿病のお薬、胃薬は内服しないでください)
その他のお薬については、処方されている医師に確認してください。

朝食および飲み物・タバコ・ガムはとらないでください。

■持って行く物を点検して出発です!さぁ、チェックしましょう!

必ずお持ちいただくもの

■問診票、質問票、検便を2階健診部の受付カウンターにお出しいただき、オリエンテーションホールで
 お待ちください。

受付からお名前をお呼びしたら、受付カウンターへお越しください。

■敷地内禁煙のお知らせ

当院では、健康増進法により敷地内禁煙となっております。

■お支払いについて

当日は、現金のみでのお支払いになります。クレジットカードによるお支払いができません。ご了承ください。

■当健診部ご宿泊の方へ

下記のものは当センターでご準備しております。
ボディーソープ・シャンプー・リンス・スリッパ・ドライヤー・テレビ
歯ブラシ、タオル類はご持参ください。

お問い合わせ